アナログとデジタルと

投稿日:2013-01-07

気がつけば年始のお休みも昨日までで、前日に娘が「バスに乗りたい」ということだったので妻と話し合っていた所、「京都競馬場なんてどう?」なんてバッチリすぎる提案をしてくれる訳です。たまに大当たりなことを考えつきます。
思い出せば競馬場も、家族連れで行きやすいよう子どもが遊べる施設が充実してたり馬と触れ合えるイベントなども開催されていると話題になっていたし、調べてみるとアスレチックやキッズルーム、授乳室などもありお出かけにも良さそうなところでした。せっかくなのでご近所の仲良し兄妹をお誘いして、バス電車を乗り継いで行って来ました。あわよくば馬券で一儲けしてやろうという下心込みでしたが。

京阪枚方市駅から淀駅へ。駅から競馬場まで直結で子供の足でも5分ほど。屋根があるので雨の日でも安心です。とはいえ今回、珍しくベビーカー持参で行ったのですが、それぞれ利用したエレベーターは狭い印象でした。

着いてまず食事。ファーストフードコーナーとレストランコーナーがあり、ファーストフードの方はモスや吉野家が入ってるのですが、基本立ち食い。暖かければ外のベンチも気持ちいいのでしょうが、さすがに今の時期は寒く、小さい子連れということもありレストランにしました。験を担いだ「勝つカレー」とかがあるのはさすが競馬場といったところ。高いカツ定食にビールを飲んでる人は、午前中のレースで当てた人でしょうか。肖りたいものです。
お子様ランチやお子様カレーなどもあり、こういう所でも家族向けに考えられているんだなーと。混みあう前の時間帯だったので、比較的のんびり過ごせました。

ご飯のあとは早速アスレチックへ。うちは下の子もお腹が空いたようで母親と下の子は授乳室へ。 女性職員も多く、そしてとても親切なので授乳が必要な子連れでも安心。実際、多くの家族連れで賑わっていました。自分と上の子はお友達と一緒にアスレチックへ。で予想通りに外地蔵な性格を発揮。活発な子どもがたくさん居るところは苦手なわが子。入って遊ぶのに時間がかかりました。。。

アスレチックの脇に乗馬体験コーナーがあり、行列を作っていたのですがそれは馬も大きく身長130cm以上のお子様向け。ポニーとか小さい子向けのイベントはいつだろう?と思ってたら、列の整理をしている職員の方が「14時から小さいお子様向けの~」とアナウンス。こういうフォローもしっかりしてます。
アスレチックに戻って遊んでいたところ、30分前には体験コーナーの前に列ができていました。人気イベントなんですねー。うちも20分前に並び始め、開始5分ほど前から身長確認と整理券の配布が始まり30番。ちなみに整理券をもらったら列を外れてもいいけど、最後尾から並び直しとのこと。馬は3頭でそれぞれ大中小で、うちのビビリの時に大きい馬が来たら一緒に行った兄妹と変わってもらおうと相談してたんですが、ちゃんと子どもの性格や慣れに併せて順番を前後してくれる心遣い。お姉さんがサポートしてくれるんですが、娘が好きなタイプの女性だったこともあり、意外とすんなり乗馬。絶対土壇場で「乗らない」って言うと思ってたのに…日々成長しています。表情は超硬いですが…

泣いてしまう子どもの時は、規定の1周をショートカットして戻ってきてくれます。回り終えたところで立ち止まって記念撮影。これが無料。そりゃ行列のも納得です。一緒に行った兄妹も大満足だったようです。

 

一旦屋内に戻りおやつの時間。売店で子どもたちがソフトクリームを食べてる間に、お父さんは購入する馬券の算段。下の子は再度授乳。慣れないながらもオッズを見たりしながら絞り込んでました。

と、近くのマークシート記入台に居る70代くらいの男性。多くの人が新聞・赤ペンの伝統的スタイルの中、タブレット端末にモバイルWifiルーターで情報を集め、マークシートを記入しないのは恐らくネット投票をされている様子。それであれば暖かい自宅でも投票できそうなものですが、やはりその場の空気感や出走前の馬の状態というのも判断に加味されていくものなのでしょう(そういえば競艇も選手のモチベーションやプロペラの調整具合を見ながら決めたりするそうですし)。デジタルなものを活用しながらもアナログな情報や直感を大切にする。こういう仕事をしていると、どうしてもデジタルな方向へ傾倒しがちですが、デジタルで収集しやすい多くの情報を活用しつつ、見る・聞く・感じるといったアナログ的な要素も大切にしていくことが鍵なのではないかと感じた次第です。

結局、寒い中で遊んでいた子どもたちの疲れも見え始め、狙っていたレースまで時間が開いていたこともあり馬券を買うこと無く会場を後にしたのでした。。。後でレース結果を確認した所、購入の候補に上がっていた1つに5,000円近い配当が出ていましたが、言うだけはタダですね。買った・勝った気になって貯金しておきます。

ちなみに以前、公開されている過去のデータをデータベース化し、開催されるレースから順位を予想する競艇の予想システムを作ったことがあるのですが、全く当たらずその後放置しているものがあります。プログラムを書くことはできても、統計学とかそういった数字を扱う分野は苦手です。。。どなたか得意な方が居たら一緒に精度を上げてみませんか?


PAGE TOP