ゴミの問題は、どの地域でも深刻になりつつあります。Code for Kanazawaが開発しオープンになっている5374を枚方市が公開しているオープンデータを用いて枚方市版5374としました。 目的と使い方は、とてもシンプルです。

目的

「いつ、どのゴミが収集されているのか?」 例えばお引っ越しをされた場合や、新しく金沢市に住むことになった時、このアプリを使えば、すぐに分かるようにデザインされています。

使い方

色でゴミのジャンルを表示

一番近いゴミの日とジャンルを上から順に表示しています。

捨てる事が可能なゴミ

ゴミのジャンルをタップすると、捨てることが可能なゴミの一覧を見ることができます

設定

お住まいの地域を選択することで、ゴミ収集日が自動的に更新されます。

多言語について

多言語で表示する機能はオリジナルの5374を改変し独自に実装した機能です。
翻訳はGoogleSpreadsheetの翻訳機能を用いて機会的に翻訳したもので、その正確性は保証されません。

提供されるゴミ情報について

枚方市市が公開しているデータを用いて、アプリに実装しました。

ライセンスについて

本アプリの著作権はCode for Kanazawaに帰属します。

枚方市版5374について

枚方市在住エンジニアによって改変・公開されたものです。
オープンデータとして公開されていないゴミ区分については、市から配布の紙面などから独自に収集したものであり、正確性は保証されません。
多言語機能の仕様により、他の5374に比べ表示されるまでにかかる時間が増えています。

Code for Kanazawaについて

コードで、世界をHappyに。
各地域には様々な課題があり、解決するためのコミュニティ(団体)も数多くあります。
課題の中には、ITやデザインの力で解決できるものも多くありますが、全てのコミュニティにそのスキル(技術)が備わっているわけではありません。

Code for Kanazawa(CfK)は、市民の課題を集め、その課題を整理・分析した上で、メンバーが実際に課題解決となるソフトウェアやハードウェア(仕組みや方法)を開発します。
私たちは、デザインをして、ソフトウェアコードを書き、課題を解決するサービスを完成させるのです。さらに、そのサービスを提供し続ける力も持ちます。

CfKは市民のための組織です。行政や民間企業の影響を受けずに中立・公益の立場から物事を判断するよう心がけています。

公式サイト
http://www.codeforkanazawa.org/